バイオビジネスコンペJAPAN/バイオベンチャーの起業、ビジネスシーズ発掘、企業への技術移転、産学共同研究の推進を目指します。

バイオビジネスコンペJAPAN

記入にあたって

秘密の保持

ビジネスプラン企画書のうち、「3.基本情報」「4.ビジネスプランページ@」「5.ビジネスプランページA」「6.ビジネスプランページB」「7.ビジネスプランページC」「8.事業化に関する情報、その他」に関しては、選考委員、審査委員もしくは共催、後援団体に所属する者で実行委員会と機密保持の覚書を結んだ者以外への秘密を保持します。ただし、「1.基礎情報」「2.ビジネスプラン概要」についてはこの限りではありません。

知的財産の保護

  • 応募者は、覚書を良くお読みの上、知的財産権の保護等について応募者自身の責任において充分に注意し、協賛企業に開示しても良い内容を記入ください。 (特に2ページ目の「企画提案の概要」欄の記入にはご注意ください。)
  • ビジネスプラン発表会(二次選考会)や本選(審査)会で発表いただく場合は、協賛企業や一般に公開されることを前提に、応募者の判断・責任で発表内容を決定いただきます。

ビジネスプラン企画書の意図

ビジネスプラン企画書の記入に際しては、特に以下の点が明確になるように配慮ください。

  • 既存の技術・競合する商品に対しての新規性や優位性
  • 特許等の知的財産の関係事項(所有者や権利比率、実施権など)
  • 科学性(科学的根拠)、実証データの有効性
  • 共同研究や事業化の進捗状況(起業や技術移転の際の制約条件を含む)
  • 起業や技術移転までに要する資金量の目安
  • 想定しているマーケットの規模・状況 など

その他

添付資料は選考の対象書類となりませんので、予めご了解下さい。ビジネスプラン企画書の書式に収まる様、ご対応願います。

Copyright (C) 2007 Bio Business Competition Japan. All rights reserved.