バイオビジネスコンペJAPAN/バイオベンチャーの起業、ビジネスシーズ発掘、企業への技術移転、産学共同研究の推進を目指します。

バイオビジネスコンペJAPAN

第3回|共同研究/企業からの研究助成

超機能性人工核酸BNA類による遺伝子を標的とした包括的なゲノム創薬手法の開発

応募者名
今西 武 氏
(大阪大学大学院薬学研究科 応用医療薬科学専攻生物有機化学分野 教授)
設立時期
共同研究および
企業からの研究助成の状況
医療機器企業と共同研究

形質転換技術による成長速度・生産性およびストレス耐性能を強化した園芸植物および樹木の開発

応募者名
重岡 成 氏
(近畿大学農学部 教授)
設立時期

毒性のない内服可能な癌転移抑制活性を有する低分子物質の開発

応募者名
小林 浩 氏
(浜松医科大学産婦人科)
設立時期
共同研究および
企業からの研究助成の状況
3社と共同研究

世界初、生体適合材料による遺伝子治療薬注入用微小システムの開発

応募者名
福田 光男 氏
((株)ライトニックス)
設立時期
共同研究および
企業からの研究助成の状況
3社と共同研究

「遺伝子情報に基づく個別化医療」の実現をサポートする情報、技術、人材を提供する

応募者名
東 純一 氏
(大阪大学大学院薬学研究科 臨床薬効解析学分野 教授)
設立時期
共同研究および
企業からの研究助成の状況
1社と共同研究

幹細胞研究のための自動培養装置の開発・販売を間葉系幹細胞による再生医療の産業化の基盤にする。

応募者名
辻 紘一郎 氏
(科学技術振興事業団)
加藤 幸夫 氏(第2回応募者)
(広島大学歯学部 基礎口腔医学講座 教授)
設立時期
共同研究および
企業からの研究助成の状況
5社と研究コンソーシアムを組成
DSファーマバイオメデイクスと共同研究

他3件(非公表)

設立時期
Copyright (C) 2007 Bio Business Competition Japan. All rights reserved.