バイオビジネスコンペJAPAN/バイオベンチャーの起業、ビジネスシーズ発掘、企業への技術移転、産学共同研究の推進を目指します。

バイオビジネスコンペJAPAN

第2回|バイオベンチャー起業

(株)サインポスト

応募者名
山崎 義光 氏
(大阪大学大学院 情報伝達医学病態情報内科学 准教授)
ビジネスプラン応募タイトル
早期動脈硬化病変スクリーニング機器の開発
設立時期
2004年9月
事業概要
遺伝子解析知見をもとに生活習慣病重篤化の未然予防、個人特性にあった適切な治療法選択を行う「オーダーメイド医療」の実現化

(株)ワンセル

応募者名
加藤 幸夫 氏
(広島大学歯学部 基礎口腔医学講座 教授)
ビジネスプラン応募タイトル
完全自動化による間葉系肝細胞の増殖技術(一万倍以上)の確立と再生医療産業への応用
設立時期
2002年4月
事業概要
再生医療実現化を目指した骨髄幹細胞や他の成体幹細胞の新培養法,培養装置の開発

シンセラ・テクノロジーズ(株)

応募者名
芝崎 太 氏
((財)東京都医学研究機構 東京都臨床医学総合研究所 室長)
Frank McKeon
(Department of Cell Biology Harvard Medical Schoo)
ビジネスプラン応募タイトル
転写因子NFATの核移行を指標にした視覚的ハイスループットアッセイ法とそれにより得られたリード化合物の実用化
設立時期
2005年3月
事業概要
タンパク質バイオマーカーに対する高感度同時多項目解析技術(MUSTag: Multiple Simultaneous Tag、特許申請中)の診断応用による三大成人病超早期診断や治療効果予測をはじめ、遺伝病の新生児スクリーニング、C型肝炎等の予防的治療法の実現化

他1社(非公表)

設立時期
Copyright (C) 2007 Bio Business Competition Japan. All rights reserved.